くらし情報『『少年隊』植草克秀のリストラは錦織一清“粛清”の巻き添えだった!?』

2020年9月30日 17:31

『少年隊』植草克秀のリストラは錦織一清“粛清”の巻き添えだった!?

(同)

■ 『少年隊』の名を残す意味とは…

東山に関しては、現在、キャスターとしても活動。事務所の幹部級ともされ、もともと残留は決まっていた。

「本来は錦織だけがリストラ予定でした。錦織は藤島ジュリー景子社長と折り合いが悪く、契約解除するタイミングを計っていたのです。そこに急きょ、植草も加えたのです」(女性誌記者)

2人は今年いっぱいで事務所を辞めるが、グループは存続するという不可思議な結末。

「錦織だけを辞めさせると、また『不要のニッキを切った』と騒ぎになる。そこで植草も辞めてもらうことにしたのでしょう。植草だって中核とは言い難い。2人一緒なら世間の批判もかわせますから」(同・記者)

ここに『少年隊』の名を残す意味があるという。

「ファンクラブを継続し、会費を取るみたいです。グループは存在しないのに、会費だけは集める。それを錦織、植草に分配するようですね」(同)

もしも退職金代わりとするのなら、いかにもジャニーズらしい狡猾な発想と言わざるを得ない。【画像】

Ollyy / Shutterstock

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.