くらし情報『『ものまねGP』J.Y.Parkネタが物議! 差別表現を笑いにする日本のコメディー』

2020年10月2日 19:00

『ものまねGP』J.Y.Parkネタが物議! 差別表現を笑いにする日本のコメディー

『ものまねGP』J.Y.Parkネタが物議! 差別表現を笑いにする日本のコメディー

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

若い女性を中心に、今年のエンタメ界で『鬼滅の刃』『半沢直樹』に並ぶヒット番付横綱級の大ブームを起こしているアイドルグループ『NiziU』。彼女たちのプロデューサーであるJ.Y.Parkのものまねが、一部ネット上で物議を醸している。

発端となったのは、9月29日に放送された『ものまねグランプリ 秋のガチランキングスペシャル』(日本テレビ系)。いま流行りのコンテンツから次々とものまねが披露され、この日はJ.Y.Parkをものまねする芸人が多数出場した。

前半には、土屋アンナを鉄板ネタに持つみかんが、韓国語まで完コピしたJ.Y.Parkのものまねを披露。中盤にも、花香よしあきがモノマネメドレーの中で同氏になりきり、「NiziU」を生んだオーディション番組『NiziProject』(同系)で話題になった「こっちへ来てください」「キューブあげます」というセリフを、ともに片言でものまねする。

■ “優しい笑い”時代では外国人ネタもNG?

一部で物議を醸しているのが、この〝片言の日本語〟という共通点だ。「NiziProject」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.