くらし情報『平手友梨奈“センター嫌だった”告白に呆れ声「他メンバーが気の毒」』

2020年10月5日 10:30

平手友梨奈“センター嫌だった”告白に呆れ声「他メンバーが気の毒」

平手友梨奈

(C)まいじつ

元『欅坂46』平手友梨奈が、9月29日放送の『シュガー&シュガー』(NHK Eテレ)に出演。アイドル時代の心情を赤裸々に明かしたところ、視聴者から大きな反響があがっている。

同番組は、『サカナクション』山口一郎がMC。これまで不定期で放送されていたが、好評の声を受け9月29日からレギュラー化された。第1・2回目のゲストは、ファッションデザイナー・森永邦彦氏によるアパレルブランド『ANREALAGE(アンリアレイジ)』の映像作品で山口と共演した平手。スタジオのセットである、ブランコに2人揺られながら、アイドル時代のことや自身のことなど、幅広くトークを展開した。

そんな中、アイドル時代について「ずーっと必死でした」と語った平手。センターに抜てきされたときの心境を問われると、うつむきながら「全く『うれしい』とか『やったー』という感情は本当なくて…」とし、スキルやチャーミングさに自信がなかったため、「なんで自分なの」と疑問に感じていたことを告白。「プロデューサーにも『もう嫌だ』とずっと言っていた」そうだが、「やるとなったらちゃんとやりたいし、曲を届けたいという思いがすごく強かったので」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.