くらし情報『竹内由恵は1年左遷に… 有名人の“恥ずかしい読み間違い”伝説!』

2020年10月3日 17:35

竹内由恵は1年左遷に… 有名人の“恥ずかしい読み間違い”伝説!

竹内由恵

(C)まいじつ

10月1日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、俳優の岡田健史が恥ずかしい読み間違いをしたと話題になった。

岡田は自身が出演する映画『望み』の宣伝で出演。そして見どころとして、「本当に作っている最中は思わなかったのですが、今、〝コロナうず〟に巻き込まれている最中の人類にとって、すごく心に響く作品になっていると思います」と言い放ったのだ。

〝コロナ禍(か)〟のことを、〝コロナ渦〟と読み間違えてしまったこのミス。岡田は放送後にインスタグラムのストーリーで《コロナ禍でした。未熟者でお恥ずかしい限りです。勉強になりました》と反省したが、ネット上では〝コロナうず〟がトレンド入りするほどの大反響に。

《コロナうずって言いたくなるのはすごく分かるわ》
《えっ… 私ずっとコロナうずだと思ってた… やだ… 恥ずかしいやん…》
《イケメン俳優がコロナうずって言うと擁護されるの、正に世の真理って感じだな》

といった声が寄せられていた。有名人の読み間違いは、なぜかいつもネット上で話題になる。その他の例を紹介していこう。

■ 元テレビ朝日・竹内由恵の恥ずかしいミス

まずは、サッカー選手の本田圭佑。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.