くらし情報『ビートたけし、石橋貴明の“娘”はどこへ… 消えた2世タレントたち』

2020年10月16日 17:31

ビートたけし、石橋貴明の“娘”はどこへ… 消えた2世タレントたち

ビートたけし

(C)まいじつ

デビュー時は大きな注目を集めるものの、話題性だけで中身が伴っておらず、一瞬にして消えてしまうことの多い〝2世タレント〟。一体、どんな人たちが消えてきたのだろうか。

まずは、北野武(ビートたけし)の娘・北野井子。1982年生まれの彼女は、1997年の当時14歳の時に、たけしの映画『HANA-BI』に出演して芸能界デビュー。98年には、『X JAPAN』YOSHIKIプロデュース&楽曲提供の曲『Begin』で歌手デビューすると、13万枚を売り上げるなかなかのヒットを記録した。

しかし、続くシングル『薔薇と緑』は、同じくYOSHIKIプロデュースだったものの、オリコン週間最高29位と振るわず。そして2004年に調理師の男性と授かり婚をしたが、すぐに離婚。05年に映画『有限会社ひきもどし』で主演を務めたが、以降は名前を聞くことがほとんどなくなってしまった。

■ 石橋貴明の娘はヌードにもなったのに…

続いては、石橋貴明の娘・石橋穂乃香。芸能界に入ったばかりの頃は、石橋の娘ということを伏せるために、「穂のか」名義で活動していたが、後に石橋の娘ということを明かして、家族トークなどもしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.