くらし情報『福士蒼汰“賞味期限切れ俳優”に!? 視聴率不振の原因は演技力と女性関係か…』

2020年10月15日 19:00

福士蒼汰“賞味期限切れ俳優”に!? 視聴率不振の原因は演技力と女性関係か…

福士蒼汰

(C)まいじつ

俳優・福士蒼汰が主演を務める連続ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』(フジテレビ系)の第4話が10月13日に放送。世帯平均視聴率6.6%(関東地区・ビデオリサーチ調べ、以下同)を記録したことがわかった。

同ドラマは、窃盗や暴力事件の常習犯だった過去を持つダークヒーローが、悪に手を染めながら悪を駆逐する物語。福士は兵庫県警の潜入捜査官の主人公・黒沢兵悟を演じている。初回は視聴率9.6%でスタート。第2話は6.1%、第3話は5.8%と、徐々に数字を落としていたが、今回は0.8%とわずかにポイントアップを果たした。

「初回は9.6%で、まずまずのスタートを切りました。しかし、元『NGT48』山口真帆が出演すると注目を集めていた第2話が、6.1%でガクンと数字を落とし、スタッフが青ざめたと言います。低視聴率の原因はやはり主演の福士でしょうね。ドラマの公式インスタグラムではバキバキに鍛えた上半身裸のショットを公開し、並々ならぬ意気込みを見せましたが、本人の思惑とは裏腹に、視聴者からは『身体よりも滑舌の悪さをなんとかしろ』などと揶揄されています。福士の出演作はどれも〝爆死〟続きで、ドラマ『4分間のマリーゴールド』、『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(共にTBS系)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.