くらし情報『『モニタリング』ヤラセ疑惑! 人が消えるドッキリに呆れ「騙されるわけない」』

2020年10月16日 11:05

『モニタリング』ヤラセ疑惑! 人が消えるドッキリに呆れ「騙されるわけない」

『モニタリング』ヤラセ疑惑! 人が消えるドッキリに呆れ「騙されるわけない」

(C)Asier Romero / Shutterstock

10月15日放送の『人間観察バラエティモニタリング』(TBS系)のドッキリ企画に、視聴者から「仕掛けが拙い」などと呆れる声が続出している。仕掛けに気付かぬターゲットの振る舞いを見て、「ヤラセでは」との指摘も相変わらず多かった。

今回番組では、市民会館前の広場のベンチに座る2人組をターゲットに。そこへ仕掛け人の少年が現れ、「お姉ちゃんとケンカして逃げてきたの。どこか隠れようかな」と話しかけて隣のベンチに座った。同じく仕掛け人の園芸業者が黒幕の付いた装飾を持って横切り、装飾を壁に立てかける。少年が装飾の中に入って隠れ、業者が装飾を再び持ち上げると少年の姿は消えていた。

■ 少年が消えるドッキリに「雑すぎる」

一連のドッキリを、番組は「人が目の前で突然消えたら信じる?」というテーマのドッキリ企画だとした。ターゲットはいずれも驚いた様子で「消えたんだけど!どこ行ったん?」などと困惑。女性2人組は昼間から幽霊が出たと信じ込んだ様子。そこで少年が再登場し、「壁の前で『入れてください』って言ったら入れた」「心がピュアなら入れる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.