くらし情報『深田恭子『ルパンの娘』初回7.5%! 爆死フラグもファンからは納得の声』

2020年10月17日 10:34

深田恭子『ルパンの娘』初回7.5%! 爆死フラグもファンからは納得の声

深田恭子

(C)まいじつ

女優・深田恭子が主演の連続ドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)続編の第1話が、10月15日に放送。初回の世帯平均視聴率が7.5%(関東地区・ビデオリサーチ調べ、以下同)だったことが分かった。

同ドラマは、横関大の同名小説シリーズが原作。泥棒を家業としている〝Lの一族〟の娘・三雲華(深田)が、警視庁捜査一課に所属し、家族全員が警察官という桜庭和馬(瀬戸康史)との恋愛を描いたラブコメディーだ。2019年7月から放送された第1シーズンの平均視聴率は7.1%だった。

「前シーズンの最終回では、『Lの一族は一家全員が死んだ』と世間を騙し、華と和馬が結ばれました。相変わらずツッコミどころ満載のストーリーでしたが、今回、第1話の劇中再現ドラマで突然、華役に吉田沙保里が登場し、視聴者の間に衝撃が走りました。吉田は深田のインスタグラムにたびたび登場するなど、プライベートで親交を深めており、今回の出演は深田の計らいがあったようですね」(エンタメ誌記者)

恭子ちゃん演じる華役で、まさか!まさか!!の出演でした
こんなことあるんですね…
あまりにも嬉し過ぎて、記念写真をたくさん撮りました
ありがとう恭子ちゃん
優しく見守っていただいたスタッフの皆さん、ありがとうございました‍♀️#ルパンの娘#三雲華#深田恭子 ちゃん pic.twitter.com/qi1nndDfus

— 吉田沙保里 (@sao_sao53)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.