くらし情報『『Mステ』WANDSの“イケメン”ボーカルに物議「ちょっと受け入れがたい」』

2020年10月19日 11:00

『Mステ』WANDSの“イケメン”ボーカルに物議「ちょっと受け入れがたい」

『Mステ』WANDSの“イケメン”ボーカルに物議「ちょっと受け入れがたい」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

10月16日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、3人組ロックバンド『WANDS』が出演。新ボーカルを迎えて往年の名曲を披露したのだが、ネット上では賛否両論の声が渦巻いている。

「WANDS」は1990年代を通して、多数のヒット曲を生み出した人気バンド。2000年に一度解散したが、昨年11月に3代目となるボーカル・上原大史が加入し、再始動している。27年ぶりの出演となる今回の「ミュージックステーション」では、TVアニメ『スラムダンク』のED曲としてお馴染みの『世界が終るまでは…』を披露した。

上原は既存メンバーより年齢が若く、甘いルックスをもつ、イケメンボーカル。その魅力にハマってしまった視聴者も多いようで、SNSなどでは、

《WANDSのボーカルはあまりにも顔がよすぎる》
《Mステ見たらWANDSのボーカルがとんでもないイケメンになってた》
《新ボーカルの上原さん、声もいいしイケメンだし、これからもっと出てきてほしい》
《最高だったわ…上原さんの顔と声がカッコよすぎる》

といった反響が続出している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.