くらし情報『『危険なビーナス』犯人はあの人が濃厚?『テセウスの船』の前科は…』

2020年10月30日 19:00

『危険なビーナス』犯人はあの人が濃厚?『テセウスの船』の前科は…

妻夫木聡

(C)まいじつ

現在放送中の俳優・妻夫木聡が主演を務めるドラマ『危険なビーナス』(TBS系)。ミステリー小説が原作の同ドラマだが、視聴者からは、ある人物に疑いの目が集中している。

原作は、多くのベストセラー作品を生み出している東野圭吾氏の同名小説。主人公・手島伯朗(妻夫木)の弟・矢神明人(染谷将太)の失踪事件をきっかけに、伯朗は明人の妻を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)と共に、遺産をめぐる名家の争いに巻き込まれていく。

楓は明人の失踪には、故人・矢神康之介の遺産争いをしている「矢神家」の誰かが関わっていると推測している。しかし矢神家には、康之介の長男・康治(栗原英雄)、長女の波恵(戸田恵子)、次男の牧雄(池内万作)、次女の祥子(安蘭けい)、祥子の夫・隆司(田口浩正)、祥子の娘・百合華(堀田真由)、康之介の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)と佐代(麻生祐未)など、容疑者が多数。視聴者はドラマを見て犯人を推理しているのだが…。

■ 『テセウスの船』ではまさかの展開

「多くの視聴者から犯人だと予想されている人物は、矢神家の中にはいません。伯朗の叔父・憲三(小日向文世)が怪しいと睨む人が続出しているのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.