くらし情報『『#リモラブ』川栄李奈が連発する“禁断の言葉”にお茶の間凍り付く…』

2020年10月30日 10:32

『#リモラブ』川栄李奈が連発する“禁断の言葉”にお茶の間凍り付く…

#リモラブ~普通の恋は邪道~

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

10月28日、波瑠主演のドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)の第3話が放送。川栄李奈の演じるOL役が、視聴者から「気持ち悪過ぎる」などと大ひんしゅくを買ってしまった。

主人公は、恋愛をさぼってきた〝おひとり様〟産業医・大桜美々(波瑠)。「コロナパニック」の世の中を過ごす中で、ふとオンラインで知り合った相手「檸檬」にSNSで恋をしてしまう。しかも相手は、どうやら社内にいるらしい…というストーリーだ。

前回の第2話では、「檸檬」の正体が青林(松下洸平)だと判明。しかし美々は分かっておらず、相変わらず「檸檬」を探し続ける。そして第3話では、美々に思いを寄せる五文字(間宮祥太朗)が、自分こそが「檸檬」だとウソをつき、美々と付き合うことになった。

一方、本物の「檸檬」こと青林は、交際中の彼女・沙織(川栄李奈)の本性を知ることに。ある日、沙織のスマートフォンに「セフレ」と表示された相手から着信が。青林がどういうことか問うと、沙織はあっけらかんと「セックスフレンド」のことだと明かす。さらに「結構みんな、そういう人いますよね」と、これが当然のことだと主張した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.