くらし情報『武田鉄矢“皆勤賞”への持論を語り反発の声!「時代錯誤感が甚だしい」』

2020年11月3日 19:00

武田鉄矢“皆勤賞”への持論を語り反発の声!「時代錯誤感が甚だしい」

武田鉄矢

(C)まいじつ

11月1日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、俳優の武田鉄矢が出演。〝皆勤賞〟を廃止する学校が増えていることに持論を語った。

MCのお笑いタレント・東野幸治から「頑張り続けるのが、無理する必要ないっていう風潮になってきている、武田さん」と振られた武田は、「学校っていうのは成績以外に、いろんな所でほめてくれるっていう喜びがあるから、頭の悪い子も明るく通うんじゃないですかね。皆勤賞なんてのは、身体が丈夫で頭の悪い子が唯一取れる」とコメント。スタジオが「いやいやいや」と一斉に否定すると〝ごめんごめん〟と手を合わせるジェスチャーをしながらも、「懐かしい思い出で私はいまだに覚えてますけど、伝染病にかかっても皆勤賞が欲しくて来る子っていましたよね」と幼少期を振り返り、「ケツを押さえて来たんですよ。彼は英雄でしたよ。(皆勤賞は)私、絶対あった方がいい」と持論を曲げなかった。

■ 武田鉄矢の持論に反発の声が!

この武田の発言にネット民が大反発し、

《武田鉄矢の時代錯誤感が甚だしくて、言いたいことはわかるけど、共感はできないんだよねぇ》
《武田鉄矢の言うことも分かるけど、昔の先生は厳しくて怖い人が多かったから、その先生に褒められるってことが単純に嬉しく、誇らしかったのかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.