くらし情報『『ロンハー』危険すぎるドッキリに批判続出「失明する」「論外だ」』

2020年11月4日 11:05

『ロンハー』危険すぎるドッキリに批判続出「失明する」「論外だ」

『ロンハー』危険すぎるドッキリに批判続出「失明する」「論外だ」

(C)Guryanov Andrey / Shutterstock

11月3日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、男性お笑い芸人に仕掛けたドッキリが物議を醸している。

この日はドッキリに引っかかった芸人が、どのようなリアクションを示すか予想するクイズを展開。最初にVTRに登場したのは『ティモンディ』の高岸宏行だった。最初のドッキリでは頭上で巨大な水風船が割れ、大量の水を浴びたが「ものすごく涼しい!ナイスウォーター!」などと逆に喜んだ。

次のドッキリは、高岸がカレーうどんの匂いをかいでいる際に、カレーうどんが爆発するというもの。過去に同様のドッキリを受けた『千鳥』のノブは「(目が)死んだ!」と驚いていた。

■ 『ティモンディ』高岸宏行の顔にカレー直撃

カレーうどんのスープが爆発すると、顔に直撃して高岸は目を開けられなくなる。「目の奥(にカレーが)いった!なんだ?」と混乱する様子に、VTRを眺めていた藤田ニコルは「きついな、これ…」、有吉弘行も「強過ぎる…」などと困惑。

ポジティブな発言を繰り返す芸人として知られる高岸は、種明かししようと現れたスタッフを「おはようございます!今は目を開けられませんが、すごいパワーのものを開発しましたね!お見事!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.