くらし情報『『モニタリング』ヤラセ疑惑? 特殊メークのドッキリに呆れ声「明らかに変装」』

2020年11月6日 11:03

『モニタリング』ヤラセ疑惑? 特殊メークのドッキリに呆れ声「明らかに変装」

『モニタリング』ヤラセ疑惑? 特殊メークのドッキリに呆れ声「明らかに変装」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

11月5日放送の『モニタリング』(TBS系)で、一般人をだますドッキリ企画が放送された。アスリートがメークを施して変装し、身体能力の高さを見せつける企画だったが、視聴者からは疑問の声があがっている。

この日はテニス、陸上の各種大会で活躍する高校生が仕掛け人となり、ドッキリを仕掛けた。このうち陸上では、男子高校生が老人のメークを施して陸上教室に参加。はじめは腰を折り曲げてよろよろと歩いていたが、徐々に能力の高さを見せつけていく。

■ スポーツ選手が老人風メークでドッキリ企画に参加

最後に、1対1の100メートル対決に臨むことに。中年男性と勝負した仕掛け人の高校生は、スタート直後によろけるなどしていたが、途中から一気に加速。先行していた男性は一気に抜かれ、100メートルを走りきったものの「え、えー!」と混乱した様子だった。

その後も、走り高跳びの選手が別の陸上教室に老人風のメークで登場し、突然見事な背面跳びを披露して周囲を驚かせる場面も。ただ、視聴者は高校生に施したスタッフのメークが拙かったため、変装がバレバレだったと指摘している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.