くらし情報『人気者なのに視聴率がとれない…! 有村架純、吉岡里帆、福士蒼汰の悲劇』

2020年11月17日 17:31

人気者なのに視聴率がとれない…! 有村架純、吉岡里帆、福士蒼汰の悲劇

有村架純

(C)まいじつ

人気者なのに、なぜか視聴率にめぐまれない美男・美女俳優は多い。現在放送中のドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)は、有村架純が主演を務めているが、視聴率は危険水域。初回こそ、9.2%とまずまずだったものの、その後は6.2%、7.3%と推移(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。まだ序盤だが、合格ラインの二桁には到底たどりつけそうにない。

有村といえば、今回のドラマだけでなく、18年10月期の主演ドラマ『中学聖日記』(TBS系)も、全話平均が6.9%。16年1月期の主演ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)は、当時の〝月9〟の最低平均視聴率を更新している。

しかし決して、有村の演技が酷評されているわけではないため、ただただ作品との巡り合わせが悪い、〝運の悪い〟女優と言えそうだ。

■ 吉岡里帆、福士蒼汰もダメダメに…

続いては吉岡里帆。17年1月期のドラマ『カルテット』(TBS系)でのサイコパス演技がウケて、それから一気に〝主演格〟の地位に登り詰めたが、主演作はまるで振るわず。18年1月期のドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.