くらし情報『近藤真彦“ケジメなさい”で終了…ドン引きするジャニーズの後輩たち』

2020年11月17日 17:32

近藤真彦“ケジメなさい”で終了…ドン引きするジャニーズの後輩たち

近藤真彦“ケジメなさい”で終了…ドン引きするジャニーズの後輩たち

(C)marisagoncalves / Shutterstock

今年デビュー40周年の〝マッチ〟こと近藤真彦が、ジャニーズ事務所の藤島メリー泰子名誉会長から〝ケジメなさい〟と諭され、芸能活動の無期限自粛を決断した。原因はもちろん、先ごろ発売の『週刊文春』で、25歳年下の女性経営者との不倫が暴かれたからだ。

「報道の直後、何とも間の悪いことに、12月のフジテレビ系音楽特番『2020FNS歌謡祭』(第1夜:12月2日、第2夜:12月9日)出演が発表されました。6年前に同番組に出たときは、『SMAP』など後輩グループを引き立て役にする〝大物ぶり〟をステージで見せましたが、今回はそんなこと、とても無理。自粛発表での出演取りやめは賢明な判断でしょう」(芸能記者)

ジャニーズ事務所のタレント部門トップであり、〝長男〟などと持ち上げられてきた近藤だが、フタを開ければ〝普通の人〟だった。同誌の報道によると、不倫相手に中森明菜との関係を話したり、揚げ句の果てには木村拓哉が『SMAP』のメンバーに意地悪されているなどと暴露していたというのだ。

「あまりにも情けない言動で、往年のマッチファンだけでなく、中森明菜ファン、さらに『SMAP』ファンもすべて敵に回してしまいましたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.