くらし情報『『CDTV』で大暴れ! パフォーマンス中に胸元が…「ボタンが弾け飛んだ」』

2020年11月17日 11:13

『CDTV』で大暴れ! パフォーマンス中に胸元が…「ボタンが弾け飛んだ」

『CDTV』で大暴れ! パフォーマンス中に胸元が…「ボタンが弾け飛んだ」

(C)HBRH / Shutterstock

11月16日放送の『CDTVライブ!ライブ!』(TBS系)で、男性大物歌手が大暴れする一幕があった。

この日は、出演アーティストたちがカバー曲を披露。加藤ミリヤは『本能』(椎名林檎)、JUJUは『One more time,One more chance』(山崎まさよし)をそれぞれカバーした。

『エレファントカシマシ』の宮本浩次は、久保田早紀が1979年に発表し、140万枚を超える大ヒットを記録した名曲『異邦人 』を選択。歌唱中から後ろを向きステージを歩き回り、ガニ股姿になるなど、せわしない姿を見せた宮本は、歌い終えても興奮冷めやらぬ様子で雄たけびを上げ、ジャケットを脱ぎ捨てようとしたが、マイクが邪魔だったのか右手首でジャケットが留まった。

■ 『エレカシ』宮本浩次がシャツ引きちぎる?

そのまま頭を上下左右に激しく振り乱して両手を首元にやり、ボタン付きと思われるシャツを強引に開けて胸元をあらわにした。

番組公式インスタグラムでは、歌唱後の宮本の姿を動画で公開している 。黒字の壁にサインをした宮本だが、黒シャツは引きちぎれたのか、胸元がはだけた状態になっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.