くらし情報『『関ジャム』神回! 作曲家“筒美京平”特集に絶賛の嵐「NHKより面白かった」』

2020年11月21日 10:33

『関ジャム』神回! 作曲家“筒美京平”特集に絶賛の嵐「NHKより面白かった」

関ジャニ∞

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

11月15日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)は、先月亡くなった日本歌謡界を代表する作曲家・筒美京平氏を特集。筒美氏の魅力を余すことなく紹介した同番組に、視聴者から絶賛の声が続出している。

今回の番組では、昭和から平成にかけての大ヒット楽曲を数多く手掛けた筒美氏を独自に分析。スタジオには筒美氏と親交の深い音楽プロデューサー・武部聡志、本間昭光、松尾潔をはじめ、筒美氏をリスペクトしているという〝ヒャダイン〟こと前山田健一も登場する。

そんな彼らを迎え、まずは意外と知られていない筒美氏が作曲を手掛けた楽曲を紹介。NOKKOの『人魚』や小沢健二の『強い気持ち・強い愛』、内田有紀の『TENCAを取ろう!-内田の野望-』や『TOKIO』の『AMBITIOUS JAPAN!』といった名曲がピックアップされた。

また番組では、一流の音楽プロデューサーたちが筒美氏から学んだという〝音楽技術〟に関しても紹介。彼らが学んだ「イントロの基礎」「型破りな作曲法」「サビの作り方」などが、筒美氏の手掛けた名曲と共に紐解かれていくのだった。

■ ドキュメンタリーよりも濃い筒美京平の特集!

筒美氏への追悼を込めて企画された今回の特集。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.