くらし情報『『ボンビーガール』“韓国ゴリ推し”構成にうんざり「どこに向かってるの?」』

2020年11月19日 11:02

『ボンビーガール』“韓国ゴリ推し”構成にうんざり「どこに向かってるの?」

『ボンビーガール』“韓国ゴリ推し”構成にうんざり「どこに向かってるの?」

(C)Ollyy / Shutterstock

11月17日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)では、音声と字幕に異変が。その字幕が韓国ゴリ推し仕様に改編されており、ネット上でため息がこぼれ落ちている。

今回の番組では、夢をかなえるために韓国へ渡った女性を紹介。ルームメイトと家賃を4万円ずつ出し合い、〝半地下アパート〟で共同生活を送る様子に密着していった。ちなみに彼女は韓国でバリスタの修行をしており、いずれはカフェをオープンするという夢も語っている。

このVTRにゲストで出演していた俳優の松下洸平は「彼女はスゴイですね。異国であれだけ熱心に勉強できるっていうのは、相当好きなんでしょうね」とコメント。しかし、番組内での字幕には「韓国であれだけ熱心に勉強できるっていうのは、相当韓国が好きなんでしょうね」と記載されていた。

■ 幸せ? 韓国ガール!

「相当好きなんでしょうね」という言葉は、普通に考えれば〝バリスタの仕事が〟にかかっていると思われる。これだけなら編集スタッフの認識違いで済むのだが、この日の放送は、なぜか他にも露骨な〝韓国アピール〟が頻繁に登場していたのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.