くらし情報『年収・子ども・休日・旅行…「平凡な家庭」の定義とは?』

2020年11月22日 01:47

年収・子ども・休日・旅行…「平凡な家庭」の定義とは?

年収・子ども・休日・旅行…「平凡な家庭」の定義とは?


(C)PIXTA

日常でなんとなく使っている「平凡」や「普通」、「平均的」という言葉だが、いざ定義を決めようとすると難しい。とくに個々人の〝家庭〟をカテゴライズする場合には、慎重な意見が求められるだろう。最近では、とある掲示板で「平凡な家庭が一番幸せ」と投稿する人が現れ、さまざまな反響を巻き起こしている。

投稿者の女性は、平凡な家庭の条件として「平均年収」「子どもは2人」「休日はショッピングモールに出かける」「年に何回か旅行へ行く」という4点を列挙。投稿者自身も条件に当てはまるような家庭を持っており、幸せを感じているそうだ。

しかしネット上では〝平凡〟の条件をめぐって、激しい議論が行われることに。《年に何回か旅行に行ってる時点で金持ちでしょ》《その生活をするには平均年収以上が必要》《今は平均年収で子ども2人を持つのも難しい世の中だよ》《平凡な幸せ=金持ちの特権ってこと?》といった反発の声が上がっていた。

さらに「平凡な家庭が一番幸せ」という価値観に違和感を抱く人も多いようで、《一番って何? うちは子どもがいないけど十分幸せだけど》《何をもって一番とするかは人それぞれじゃない?》《一番幸せかどうかは、あくまで自分が決めること》といった意見も相次いでいる。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.