くらし情報『『ミスチル』桜井の長男“朝ドラ”デビューに批判「父親の名前があってこそ」』

2020年11月25日 17:31

『ミスチル』桜井の長男“朝ドラ”デビューに批判「父親の名前があってこそ」

『ミスチル』桜井の長男“朝ドラ”デビューに批判「父親の名前があってこそ」

(C)Voyagerix / Shutterstock

人気ロックバンド『Mr.Children』桜井和寿の長男で、ロックバンド『インナージャーニー』のドラマー・Kaitoが11月24日、NHK連続テレビ小説『エール』に出演した。

Kaitoは、宮沢氷魚が演じる〝アキラ〟のバンドのドラマー〝根来〟役として登場。華麗なスティックさばきを披露した。

「視聴者のほとんどは、Kaitoのことを桜井の子どもと知らなかったようで、放送後から大きな話題になっています。もっとも、大物アーティストの2世が朝ドラにいきなり抜擢されたことには、批判の声もかなりあります。本人は桜井の息子だと明言したことはありませんが、それは本人が口にしていないだけで、決して隠していたわけではありません。そのため、一部からは『親のコネ』などと揶揄されていますね」(芸能記者)

View this post on Instagram

A post shared by Kaito (@kaito_0413)

■ Kaitoの朝ドラ出演を邪推するネット民

朝ドラをみたネット民からは、

《俳優でもないのにいきなり朝ドラでドラマデビュー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.