くらし情報『『ヒルナンデス』平子理沙“ギャル風”コーデに「昭和」「LOVEマシーン」』

2020年11月26日 10:30

『ヒルナンデス』平子理沙“ギャル風”コーデに「昭和」「LOVEマシーン」

平子理沙

(C)まいじつ

実力不足のスベリ芸人でありながら、『笑っていいとも!』、『ライオンのごきげんよう』(どちらもフジテレビ系)といった高視聴率番組をなぎ倒したお笑いレジェンド『ウッチャンナンチャン』の南原清隆。彼がMCを務める『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の人気コーナーが、またも物議を醸したようだ。

問題のコーナーは、テーマに沿ったコーディネートでセンスを競う『格安コーデバトル』。人気企画として長年放送される一方、芸能人特有のハイセンスが垣間見えるためか、何かと物議を醸すことも多いコーナーだ。

11月24日の放送では、タレントのMEGUMIと宮崎美子が、モデルの平子理沙と倉本康子を指南役に就けてバトル。テーマは「彼と箱根で温泉旅行」の大人コーデで、平子はMEGUMIを「ガーリーな感じ」にすると自信をのぞかせる。

まず、丈の短いワンピースを手に取ると、MEGUMIは「20年くらい着てない」「エロすぎる」と困惑。しかし、平子は続けて、ミニスカと対照的なロングブーツを選び、コートも黒いロングで合わせていく。

■ 時代やTPOなどあらゆる点にツッコミが殺到

バッグにも黒のレザー系をチョイスし、これにて全身コーディネートが完了。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.