くらし情報『『AKB48』紅白落選は指原莉乃のせい? 現在進行形の「負のイメージ」』

2020年11月26日 19:00

『AKB48』紅白落選は指原莉乃のせい? 現在進行形の「負のイメージ」

指原莉乃

(C)まいじつ

11年連続の『NHK紅白歌合戦』出場記録が途絶えてしまった『AKB48』。なぜここまで凋落して、復活の見通しも立たないのか。そこには、卒業生・指原莉乃が原因だと指摘する声も少なくない。

指原は数少ない『AKB』卒業生の成功例として、バラエティー番組に多数出演中。その活躍ぶりから、年収が3億円と報じられたこともある。元アイドルという括りでは、おそらく芸能史に残るほど活躍をしている彼女がOGにいることは、『AKB』としてはプラスに働きそうかと思えたのだが…。

「指原がバラエティーでウケている理由は、極端に言えば元アイドルのくせに下品だというギャップ。トークスキルが秀でているのは確かですが、悪口ネタやスキャンダルネタで、人気を獲得したことは間違いない。そして、そんな指原がグループでナンバー1人気だったことから、自ずと『AKB』のイメージも指原のイメージに引っ張られることに。現役生たちがどれだけ〝清純〟をアピールしても、〝AKB=下品〟というイメージは、指原がテレビに出演し続ける限りぬぐえないのです」(芸能記者)

■ 『AKB』の失敗を反面教師にした『欅坂46』

実際、ネット上には

《指原莉乃がAKBを踏み台にして食い潰した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.