くらし情報『『鉄腕DASH』国分太一の“鈍感反応”に悲鳴「違う意味で泣ける」』

2020年11月30日 11:05

『鉄腕DASH』国分太一の“鈍感反応”に悲鳴「違う意味で泣ける」

国分太一

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『TOKIO』の国分太一が11月29日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で見せた〝鈍感な反応〟に、一部ファンがショックを受けている。

この日番組では、過去に交流を持った人物に『TOKIO』メンバーがコンタクトをとり、取り寄せた食べ物で料理を作る企画『人脈食堂』を放送。国分と長瀬智也の2人が、『少年隊』の東山紀之をもてなした。

国分、長瀬はリストから選び、スマートフォンで次々と電話。スピーカー機能を使って電話しながら交渉し、アサリ、豚肉、納豆用の大豆を調達したあと、さらに追加で連絡していた。

国分がある一般人に電話をかけると、スマートフォンからは呼び出し音の代わりにオルゴール音が流れてきたが、国分はオルゴール音に何も反応せず、厳しい顔をしたままリストを眺め続けた。

■ 『TOKIO』の『宙船』流れるも気づかず?

電話に出た男性は、相手が国分と分かると思わず「この前、待ち受け(着信メロディ)を(『TOKIO』の)『宙船』にしたばっかりだったんだけど!」と驚いた。直前に『宙船』のオルゴール音を耳にしていた国分は大笑い。「あ、今確かにそうでしたね!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.