くらし情報『若槻千夏“炎上発言”を釈明するも逆効果に…「責任転嫁するな」』

2020年12月1日 10:30

若槻千夏“炎上発言”を釈明するも逆効果に…「責任転嫁するな」

若槻千夏

(C)まいじつ

タレントの若槻千夏が、11月29日放送のラジオ番組『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』(ニッポン放送)で、10月に起きた炎上事件に言及した。

番組内で、笑福亭鶴瓶は若槻に出演オファーを出すに至った経緯を説明。いわく、10月16日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)での若槻の対応を見て、「的確にものを言う」と感じ、声をかけたのだという。

鶴瓶は、「『アンタッチャブル』柴田が『フワちゃんが先輩に対してタメ口を利くってどうなの?』って言うたら、『それなら本人に言えば!』ってズバッと若槻が言うて、柴田がちょっと絶句しよって(笑)」「上手いこと言うなぁと。そういえば若槻は、誰にも媚びることなく入って、色々なところに長いことおるなぁと。でもちゃんと話聞いたことないなぁと」と、同番組での若槻の対応を絶賛。

しかし、若槻は「でも、その柴田さんとのやり合い大炎上したんですよ、実は。ここだけの話…」と苦笑い。さらに「フワちゃんと友達だし、柴田さんとも仲がいいので、『そんなこと言う柴田さん、ダサいっすよ』みたいなことを言ったんですよ」と、当時のことを釈明し始めた。

■ 「面白おかしくのつもりで」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.