くらし情報『『めざましテレビ』放送事故!? 瑛人の言動にドン引き「ヤバめの素人かと思った」』

2020年12月3日 11:02

『めざましテレビ』放送事故!? 瑛人の言動にドン引き「ヤバめの素人かと思った」

『めざましテレビ』放送事故!? 瑛人の言動にドン引き「ヤバめの素人かと思った」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

12月2日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)に、若者を中心に絶大な人気を誇るシンガーソングライター・瑛人が出演。しかし、残念ながらトークの方は〝ド素人〟同然で、視聴者たちをザワつかせてしまったようだ。

豪華なメンバーが一カ月ごとに〝めざましファミリー〟の一員となり、エンタメニュースを伝えていく『マンスリーエンタメプレゼンター』。12月の担当に抜擢された瑛人は、自身の代表曲『香水』が流れる中でスタジオに登場する。そこで自己紹介を求められ、彼は自身の名前を言いながら、ピースサインを横に振るという一般人のような行動を取っていた。

そしてエンタメ紹介や、同局の軽部真一アナウンサーとの会話では、「あの…」と言葉に詰まることが多く、滑舌のせいか内容が聞き取りずらい場面も。また『Official髭男dism』の『Pretender』を紹介する一幕では、「むっちゃ共感して、初めて聞いた時少し涙が出ました」という男子高校生のような感想を述べていた。

初めざましテレビのエンタメプレゼンターとして出させてもらいました〜!!楽しかったです
今になっていきなり眠いヨーーーー!! pic.twitter.com/9uorJi0JCJ

— 瑛人 (@eito_official_)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.