くらし情報『『VS嵐』で嵐“命名秘話”が明らかに「今更知るとは」「なんで今まで…」』

2020年12月4日 11:04

『VS嵐』で嵐“命名秘話”が明らかに「今更知るとは」「なんで今まで…」

嵐

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『少年隊』の東山紀之が12月3日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)で、『嵐』の命名秘話を明らかにした。『嵐』メンバーやファンは、明かされた由来を知らなかったようで大いに驚いていた。

番組序盤、東山は『嵐』大野智の人物像を聞かれ、「大野もちっちゃい頃から知ってるから、まさか『嵐』に入るとは思わなかったしね。本人もそうだと思うけど…」と『嵐』結成前の時期を振り返る。

東山は「なんで『嵐』ってつけたの?」と故・ジャニー喜多川氏に命名した理由を聞いたことがあったという。「期待としては『嵐』を巻き起こすんだ、みたいな…」と世間一般に広まっている説を口にすると、相葉雅紀は「僕もそう聞いてました」とうなずいたが、東山はジャニー氏が命名した「もう一つの由来」を明かす。

■ 『嵐』に命名したのは「新聞に載る」から?

ジャニー氏は、東山に「『嵐』って一文字なんだよ。必ず新聞(のテレビ欄)に載るんだよ。どんな番組に出ても必ず載るんだよ」と狙いを語ったという。周囲が「ほー」と感心する中、東山は「(それを聞いて)なるほど!と思ったことがあんの」と明かしていた。

これに大野は「知らなかった、それ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.