くらし情報『竹内涼真“ポイ捨て報道”で好感度が地の底に…再起誓うも「遅すぎる」』

2020年12月6日 10:31

竹内涼真“ポイ捨て報道”で好感度が地の底に…再起誓うも「遅すぎる」

竹内涼真

(C)まいじつ

俳優の竹内涼真が11月30日、ミュージカル『17 AGAIN』(セブンティーン・アゲイン)の製作発表会見に出席。自身の人気を分析したとある発言に、ネット上では呆れる声が続出している。

同作は、ハリウッド俳優のザック・エフロン主演で2009年に公開された大人気コメディー映画をミュージカル化した作品。竹内は17歳と35歳の主人公2役を演じる。

世界初のミュージカル化ということで、竹内は「すみませんという気持ちもありますが、がむしゃらにやるしかないですね。不安はありますが死に物狂いで稽古して、お客様の前で自分も楽しめるように、しっかり準備をしたいと思います」とコメントした。

さらに、会場にかけつけたオーディエンスを前に、女性アンサンブルによる主人公への黄色い歓声が特徴的な楽曲「#brandnewday」を披露した後、「『キャー!キャー!』のピークはもう過ぎましたね。2年前くらいに過ぎました」と自虐的に語りつつ「これから再生していきたいです」と、役柄になぞらえて再起を口にするのだった。

■ 竹内涼真はゲススキャンダルでイメージが一転…?

「竹内は2017年の朝ドラ『ひよっこ』(NHK)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.