くらし情報『世間を見下し過ぎ!? 『スッキリ』近藤春菜の“渡部擁護”に批判殺到』

2020年12月7日 10:31

世間を見下し過ぎ!? 『スッキリ』近藤春菜の“渡部擁護”に批判殺到

近藤春菜

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

12月4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、前日に謝罪会見を開いた『アンジャッシュ』渡部建を特集した。サブMCの『ハリセンボン』近藤春菜が、いつものように正義感を全面に押し出し、ネット上では呆れ声が広がっている。

周知の通り、渡部は今回の会見を自ら希望したが肝心なところは何も話さず、芸能レポーターの質問から逃げ続けていた。あまりにも何も話さないことから何度も同じような質問をすることになり、結局会見は100分以上にもおよぶことに。すると世間ではなぜか、渡部に対して同情の声が続出。芸能レポーターを「やりすぎだ」と攻撃する流れが生まれた。

そして案の定『スッキリ』でも同じように、芸能レポーターを叩く流れに。MCの加藤浩次は「渡部を小馬鹿にするような感じの質問があってイラっとした」「なんでマウンティングしちゃってんの? 気持ち悪くねえか?」「なんで会見を早くやらなかったんですか? ってそれは渡部の判断、そこに関しては言う必要は無い」などと擁護した。

■ 結論…渡部建を叩く世間が悪い!

そして春菜は、「私が一番に考えたのは、奥さんの気持ち。今後も渡部さんだけじゃなくて、世間も(妻の佐々木希を)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.