くらし情報『古市憲寿の“おしゃれ激変”に戸惑いの声「それで正解なのか?」』

2020年12月19日 17:32

古市憲寿の“おしゃれ激変”に戸惑いの声「それで正解なのか?」

古市憲寿

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

社会学者兼タレントの古市憲寿氏が、12月17日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)にレギュラー出演し、新型コロナウイルスに関して「そもそも冬は人が死ぬ」と発言。ネット上で多くの批判を浴びた一方、髪型でも視聴者の注目を引いた。

この日の番組は、前日の東京都にて、新型コロナウイルス新規感染者数が678人と過去最多を更新した件を特集。さらに、全国の重症者数も600人を超えるなど、感染拡大を防止に向けた〝勝負の3週間〟が失敗に終わったことを取り上げた。

リモート中継で出演した医師・寺嶋毅先生によれば、感染者・重症者・死亡者の増加に加え、医療従事者の人手不足を加速させたことから〝勝負の3週間〟は「うまくいかなかった」「失敗」と一刀両断。

しかし、意見が対立したのか古市氏はこれに噛みつき、昨年の10~12月に死亡者が増加し、1月にピークを迎えたデータを引用しつつ「それは多分今年も同じで、コロナ含めてもほかの肺炎だとかいろんな感染症含めて、冬ってどうしても病気にかかって人が死ぬ時期なんですね」と反論した。

■ 突然のイメチェンに衝撃広がる

この発言はネットでも話題になり、古市氏には批判が殺到。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.