くらし情報『最上もが“また世間に苦言”で心配の声「SNSから距離を置きなよ…」』

2020年12月28日 07:30

最上もが“また世間に苦言”で心配の声「SNSから距離を置きなよ…」

最上もが

(C)まいじつ

現在、第一子を妊娠中である元『でんぱ組.inc』最上もがが12月23日、自身のインスタグラムを更新。「ぼく」という一人称を使うことに持論を述べたのだが、過去の発言も相まって〝いつもなにかに怒っている人〟というイメージが定着化してきているようだ。

最上は、インスタグラムのストーリーズで《母親になるのに自分のことぼくって言うのはどうなのみたいなコメントついて》と、ネット上にあがる声に触れ、《あなたの価値観いきなり押し付けないで》と反論。さらに《なんか他人の人生にみんな勝手に口出しし過ぎでSNSってほんと距離感バグってる人多いんだなあって思う。友だちでもなんでもないし意見もきいてないのに普通に失礼》と怒りを露わに。《他人にいきなり暴言吐いたり自分の価値観押し付けないような子に育てたい。色んな人がいるんだよって》などと至極まっとうなことを言って、ファンから共感の声を集めている。

最上といえば、妊娠を発表した際、12月11日のインスタで《男の子がいいですか?女の子がいいですか?と、よくきかれるのだけれど、健康に生まれてきてくれさえすればそれでいい》としつつ、《性別なんていうのは子どもが大きくなったとき自分で決めてくれたらいいと思っている》と多様性を重視する考えを告白。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.