くらし情報『カズレーザーの2020年コメント振り返り「実は大したこと言ってない!?」』

2020年12月31日 07:31

カズレーザーの2020年コメント振り返り「実は大したこと言ってない!?」

カズレーザー

(C)まいじつ

フジテレビ系の情報番組『とくダネ!』レギュラーとして、時事問題に連日コメントしている『メイプル超合金』のカズレーザー。その発言はネットニュースで毎日のように取り上げられるが、よーく耳を傾けると、取り上げるほど大したことなど言っていないことが分かる。

11月3日、ハンドボール元日本代表の宮崎大輔が逮捕された件について、カズは「ハンドボール全体のイメージダウンにつながっちゃう」とコメント。その通り過ぎて、誰でも思いつくようなこの発言だが、複数のスポーツ紙WEB版でニュースにされ、さも視聴者の溜飲を下げたかのように扱われていた。

7月21日には、急逝した三浦春馬さんに関して、「僕は生前、ほとんど接点がなかったので、推測で人柄・内面を語るのはご本人にもファンにも、本当に心が通じ合っていた人たちに失礼になるので…」と発言。配慮の届いた理由でコメントを避けたは良かったのだが、舌の根も乾かぬうちに「ただ分かるのは、本当に多くの人に愛されていたっていう事実だと思いますね」と、「接点がなかった」にもかかわらず、〝推測〟で人柄を語る矛盾行動に出た。
そもそもこの男、前年には沢尻エリカに「会ったことないので、ゴリゴリのヤク中の人が捕まったってイメージしかない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.