くらし情報『池脇千鶴“女優魂”エピソードに冷ややかな声…「単なるワガママw」』

2020年12月26日 11:03

池脇千鶴“女優魂”エピソードに冷ややかな声…「単なるワガママw」

池脇千鶴“女優魂”エピソードに冷ややかな声…「単なるワガママw」

(C)Luca Santilli / Shutterstock

女優の池脇千鶴がドラマの撮影で〝完璧主義過ぎる〟と『NEWSポストセブン』が報じている。

池脇は2021年1月9日からスタートするドラマ『その女、ジルバ』(フジテレビ系)で、主人公のOLとバーを開いた伝説のママ・ジルバを一人二役で演じるが、9年ぶりの連続ドラマ主演とあって、なかなか納得するような演技ができないようだ。

「同記事によると池脇は、ドラマ撮影の初日、時間になっても現場に現れず、控室に閉じこもってしまったそうです。マネジャーが説得を試みるも、応じることはなく、結局、最終的に何とか撮影はできたようですが、他の共演者を長時間待たせることになってしまったとか。また、コロナ禍でただでさえ思うように進まない撮影を、池脇の負担がないようにリスケジュール。スタッフはてんてこ舞いだったようですね」(エンタメ誌記者)

同サイトでは池脇が〝役にのめり込むタイプ〟であるとし、映画関係者からの《彼女は、とにかく役にのめり込むタイプ。役に応じて顔つきや体形が変わったり、家に帰ってからも役の性格が続いたりする。だからこそ、演じる役のセリフや行動に納得できない部分があると、とたんに演技ができなくなってしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.