くらし情報『“老害”自覚で評価逆転!? 小倉智昭の発言に称賛の嵐「カッコいい」』

2021年1月16日 17:30

“老害”自覚で評価逆転!? 小倉智昭の発言に称賛の嵐「カッコいい」

小倉智昭

(C)まいじつ

1月13日未明、フジテレビが公式サイトで『とくダネ!』の終了を正式に発表。22年という長い歴史に、ついに幕が下ろされることとなった。

同日の放送エンディングにて、小倉は終了について「次の世代の人にキャスターというポジションを譲ってね、新たな番組がスタートするといいのかなと」とコメント。高齢ゆえに、退く時が来たとの認識を示した。最後は「ただ、残りはありますから!騒ぎます!」と元気に放送を終えたが、その直前には、なんとも哀愁漂う発言も。

「最近ちょっと、切っ先が弱くなってですね。やや保身に走るきらいがありまして。病気してから、ネット情報とか見るようになっちゃったんですね。そうしたらやっぱりね、『老害じゃないか』とかね、『ボケているんじゃないか』とか、そういう言葉はキツいもんなんですよ。で、お年寄りの政治家を見ると『あぁーやっぱり年を取るとダメかなぁ』なんて、少しずつ思うようになりました。そんなこともあって、私はそろそろいいのかな、と」など、ネットの意見に心を痛めていたことを告白したのだ。

■ “老害批判”は的外れな印象操作か…

小倉の奔放な発言は物議を醸すことが多く、ネット上でも、これまで数々の批判にさらされてきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.