くらし情報『地元に戻らない=親不孝!?“子離れできない親”との向き合い方』

2021年1月15日 05:31

地元に戻らない=親不孝!?“子離れできない親”との向き合い方

親元を離れて暮らす上で、定期的に帰省して顔を見せるという行為はとても重要。それすらできなくなると、より一層疎遠になってしまう。心配した親が、「同居しよう」と声をかけてくる可能性も高まるかもしれない…。

もしトラブルを避けたいなら、心の距離を保つために努力してみよう。たとえばスマホやタブレットを買ってあげれば、テレビ電話によって顔を見ながらじっくり話ができる。

また、「親を気にかけてあげている」という姿勢を見せるのも1つのポイント。最近では高齢者向けの見守りサービスがいくつも展開されているため、活用してみるのもいいだろう。たとえば株式会社ミマモリエの「ミマモリエ」というサービスは、フォトスタンドを通して親の活動状況や睡眠時間、室温などをモニタリングできる仕組み。日報が届くほか、異常を感知したり、親がコールボタンを押したりすると緊急メールが配信される。しっかりと親の健康状態を見守ってあげれば、文句を言われる機会が減るかもしれない。

こんなご時世だからこそ、お互いが安心して暮らせるように工夫したいもの。一方的に負担を負うのが嫌だという人は、たまには親に甘えてみてもいいのではないだろうか。

文=川崎かほ

【画像】

ペイレスイメージズ1(モデル) / PIXTA

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.