くらし情報『日本のドラマはパクリだらけ? 疑惑が噴出したドラマ3選』

2021年1月18日 17:30

日本のドラマはパクリだらけ? 疑惑が噴出したドラマ3選

上白石萌音

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

1月12日より放送がスタートした、女優の上白石萌音が主演を務める連続ドラマ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』(TBS系)にパクリ疑惑が浮上している。

主人公がイモっぽい女性、希望していた部署でなくファッション誌で働く、上司は鬼編集長、主人公はそんな鬼編集長の雑用係といった点が、2006年公開の名作映画『プラダを着た悪魔』とそっくりだと言われているのだ。実際にドラマ放送中には、ツイッター上で「プラダを着た悪魔」というワードが、4000件以上つぶやかれるほどで

《プラダを着た悪魔を少女漫画にしたら、コレになる》
《TBSの火曜ドラマは和製版プラダを着た悪魔?》
《なんかこのドラマもう本当プラダを着た悪魔にしか見えん》

といった声があがっていた。しかし、日本ドラマがアメリカ映画をパクったとされているのは、これだけではない。

■ 木村拓哉と戸田恵梨香のドラマでも…

2019年10月期の木村拓哉主演ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)でもパクリ疑惑が浮上。同作は、二ツ星を獲得したカリスマシェフが、スキャンダルで全てを失ったが、数年後に女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.