くらし情報『宇賀なつみの“トンデモ衣装”に驚き続出「なんで…」「気になる」』

2021年1月26日 07:30

宇賀なつみの“トンデモ衣装”に驚き続出「なんで…」「気になる」

宇賀なつみの“トンデモ衣装”に驚き続出「なんで…」「気になる」

(C)Eugenia Porechenskaya / Shutterstock

『池上彰のニュースそうだったのか!!』(テレビ朝日系)レギュラーを務める元テレビ朝日のフリーアナウンサー・宇賀なつみが、1月23日の放送に出演。アナウンサーらしからぬ衣装で、視聴者を驚かせた。

宇賀が着ていたのは、胸元がV字に大きく切り込まれた、花柄のようなワンピース。首から胸元までキレイな逆三角形を描き、第一肋骨を越えるほどの深さに到達している。その深さゆえ、胸には常時〝影〟が浮かび上がった状態。前かがみやモニターを指すなどの動作によっては〝ハプニング〟になりそうであった。

横向きのアングルでは胸元の切れ込みがさらに目立ち、モニターを向いて手を挙げると、入口から乳房が顔を出しているのではと感じられるシーンも。特番ではなく通常の放送なのだが、それにしてはかなり気合の入ったような衣装だ。

■ 謎も胸元も深まる宇賀なつみの衣装

この日は投資や国家予算が授業のテーマとなり、池上氏はFXやNISA、株式投資、年金制度など、さまざまな仕組みを説明。生徒役の『四千頭身』は投資への挑戦をにじませて興味津々だったが、視聴者はお金よりも、宇賀の衣装が気になって仕方ないようだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.