くらし情報『キンコン西野が“プペルアンチ”に反発! 喧嘩腰の発言が物議「逆ギレの典型」』

2021年2月2日 10:31

キンコン西野が“プペルアンチ”に反発! 喧嘩腰の発言が物議「逆ギレの典型」

西野亮廣

(C)まいじつ

お笑いコンビ『キングコング』の西野亮廣が1月28日、自身のブログを更新。2020年末に公開された、映画『えんとつ町のプペル』を批判した評論家の岡田斗司夫氏に反論した。

西野は「今回、岡田斗司夫さんが『プペルはここがダメ!』というサムネイルで動画をアップされていた」と切り出し、「『面白いアニメは必ずオタクに見つかって2次創作(パロディ)されるんですよ。プペルは無いでしょ?』みたいなこと言っておられたのですが、さすが雑すぎると思いました」と疑問を呈した。

さらに「サムネのデザインから始まって、今回の岡田さんのお仕事はヘイトを集めて、再生回数を稼ぐ売れないユーチューバーの仕事みたいで評論に値しない。あのポジションを守りたいのであれば、もう少しだけ視野を広げて、勉強された方がいいと思います」と切り捨てた。

「西野は絵本版『えんとつ町のプペル』発売1年前の2015年に『(絵本を)100万部売る方法ってありませんか?』と、岡田氏に相談しています。しかし、西野にあれこれアドバイスした後、岡田氏が『プぺル』を〝感動ポルノ〟〝泣かせるために作られた作品〟とバッサリ切り捨てたので、面白くなかったんでしょうね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.