くらし情報『『ずっと真夜中でいいのに。』テレビ初出演! 大泉洋の対応にファン激怒』

2021年2月2日 11:01

『ずっと真夜中でいいのに。』テレビ初出演! 大泉洋の対応にファン激怒

大泉洋

(C)まいじつ

1月30日放送の『SONGS』(NHK)に、大ブレイク中の音楽ユニット『ずっと真夜中でいいのに。』が登場。テレビ初出演ながら圧巻のパフォーマンスを見せつけたが、司会を務める大泉洋が水を差してしまったようだ。

「ずっと真夜中でいいのに。」は、2018年6月にYouTubeへ『秒針を噛む』を投稿して活動を開始。同曲は瞬く間に注目を浴び、現在では再生回数8000万を突破している。なお、ボーカルや作詞・作曲を担当する〝ACAね〟は顔出しNGを貫いており、ミステリアスな雰囲気によって熱狂的な人気を博してきた。

この日の番組では、「ずっと真夜中でいいのに。」の面々が、NHKのスタジオに用意された特設ステージで「秒針を噛む」を披露。他にも、映画『約束のネバーランド』の主題歌に起用された『正しくなれない』や、映画『さんかく窓の外側は夜』の主題歌『暗く黒く』など、話題の楽曲を熱唱していった。

■ インタビューがイラつく? ファンから批判殺到

番組ではライブパフォーマンスの他に、大泉とアーティストによるトークも展開。インタビューが始まると、大泉は「僕のこと知ってますか?」とACAねにバラエティー番組のようなことを言い出す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.