くらし情報『菅田将暉でリメイク! スリラー映画『CUBE』日本版に公開前から酷評相次ぐ』

2021年2月7日 11:01

菅田将暉でリメイク! スリラー映画『CUBE』日本版に公開前から酷評相次ぐ

菅田将暉

(C)まいじつ

1997年公開の大ヒット密室スリラー映画『CUBE』。同映画が〝ジャパンリメイク〟されると2月2日に明らかとなった。しかし残念なことに、ネット上では早くも酷評が相次いでいる。

同映画は〝正方形の部屋〟から、見知らぬ男女が脱出する様を描いたサスペンススリラー。日本版には菅田将暉、杏、岡田将生、斎藤工、吉田鋼太郎といった豪華俳優陣が出演し、監督は『MANRIKI』で知られる清水康彦氏が担当することに。

そんな同映画に向けて、主演の菅田は「実験的なエンターテインメントを楽しんでもらえたら何よりです」と意気込みを語っていた。

■ 「菅田将暉ファンしか観なさそう」

名作映画のリメイクという情報に、ネット上は騒然。しかし、雲行きは怪しいと感じる人が多かったようで、

《オリジナルとは別物になりそう》
《どうせ劣化版にしかならないのに、リメイクって言うのおかしいよな》
《見たところリメイクしないで、元の『CUBE』をそのまま流したほうがいい感じなんやが》
《当時の一作目よりもクオリティー低い映画になりそう。下手にCG使って安っぽさが強調されて》
《〝大人の事情〟もそうやけど、洋画の邦画リメイクとかダサくなる未来しかないよな》
《どうせ恋愛要素とかつけるんやろうな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.