くらし情報『『有吉の壁』トリオ芸人の下品すぎるネタに悲鳴「気持ち悪い」「飯時に…」』

2021年2月22日 17:30

『有吉の壁』トリオ芸人の下品すぎるネタに悲鳴「気持ち悪い」「飯時に…」

有吉弘行

(C)まいじつ

2月17日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)に、『キングオブコント2018』王者のお笑いトリオ『ハナコ』が出演。岡部大の裸に頼ったネタが、視聴者の不快感を招いてしまったようだ。

「ハナコ」は後半のネタ見せコーナー「KabeEats選手権」に出演。さまざまな芸人がネタを披露する中、最終盤に「人間アトラクション ボディクルーズ」とのネタを引っさげて登場した。3人は冒険家の衣装に身を包んでいるが、岡部だけ黒いマントで体を隠している。有吉弘行が「胸毛使うのか」とフライングで予想を口にすると、マントを脱いだ岡部は、予想通り上半身だけ裸になっていた。

岡部は胸と腹を緑色にペイントしており、秋山寛貴はモニターに繋がれたスマホを持っている。岡部が台に寝そべると、秋山は「草原をクルーズして行きたいと思います」とスマホを近づけ始めた。どうやらこれは、岡部の毛深い腹毛と胸毛をジャングルに見立てたネタのよう。横のモニターには緑の肌と鬱蒼とした毛が、超至近距離で映し出されていく。

■ もじゃ毛のドアップが「気持ち悪い」と大不評

有吉は大笑いしていたが、膨れた腹や縮れた毛が画面いっぱいに広がるのは、気持ちいいとは言えない光景。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.