くらし情報『『スッキリ』“あだ名禁止”論争に近藤春菜たちが苦言も…「仕方ないと思う」』

2021年2月28日 17:30

『スッキリ』“あだ名禁止”論争に近藤春菜たちが苦言も…「仕方ないと思う」

近藤春菜

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

昨年ごろからネット上でたびたび話題になっている、学校での〝あだ名禁止〟という都市伝説。2月24日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)がこれを取り上げ、またもやネット上で賛否湧く話題となった。

番組はあだ名禁止の現状について、実際に取り入れている学校などを取材。イジメの一因になることを避けるためあだ名を禁じ、「さん付け」を推奨する学校などが紹介された。

MCの『ハリセンボン』近藤春菜は、「あだ名を禁じればイジメがなくなるわけではない。表面的に見えなくなるだけ。裏で嫌なあだ名で呼ばれていたら全く意味がない」と、本質的な解決にならないことから、この動きを疑問視。メインMCの加藤浩次も、酷いあだ名を通じ、相手が傷付いたり嫌な思いをしていたと気付かせる経験も大事だと持論を述べた。

この放送により、あだ名禁止は再びネット上の大きな論点に。放送後には「あだ名禁止」がツイッターのトレンド入りし、賛否さまざまな声があがった。

■ 賛否割れてまたも大きな話題に

あだ名禁止に賛成派の意見は、

《相手を傷付ける、侮辱する呼び名はそもそもアダ名などではない》
《子どもってブタとかブスとか残酷で直球な名前を平気で呼ぶから、これも仕方ないと思う》
《自分は教師からつけられたあだ名が嫌で仕方なかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.