くらし情報『『Official髭男dism』オワコン化でグッバイ!? 新曲の売上に驚き…』

2021年3月1日 10:32

『Official髭男dism』オワコン化でグッバイ!? 新曲の売上に驚き…

『Official髭男dism』オワコン化でグッバイ!? 新曲の売上に驚き…

(C)Kues / Shutterstock

2月22日付のオリコンデイリーシングルランキングで、『Official髭男dism』のニューシングル『Universe』が3位にランクイン。推定売上枚数は約1万9000枚で、そこそこの結果だが、ネット上では〝オワコン化〟を懸念する声が増え始めている。

まず、これまでにリリースされたシングルの売上を見てみると、名前を広めるキッカケともなった『Pretender』は約4万枚。ドラマ主題歌にもなった『I LOVE…』は約7万7千枚で、『めざましテレビ』(フジテレビ系)のテーマソング『HELLO』を収録した『HELLO EP』は、10万枚近い数字を記録している。

たしかに以前の盛況っぷりと比べると、今回の「Universe」は若干インパクトに欠ける売上なのかもしれない。ネット上では、

《飽きられるの早すぎるだろ…》
《もうヒゲダンもオワコンなのか》
《ブームの移り変わりが激しすぎておじさんはついていけない》
《『Universe』結構好きな曲なのになぁ》
《グッバイ!》

といった声があがっていた。

■ 『Official髭男dism』は言うほどオワコンじゃない?

しかしリリース後のスタートダッシュで、ほぼほぼ2万枚もCDを売っているのに、果たして〝オワコン〟と言えるのだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.