くらし情報『『イッテQ』出川哲朗vsスタッフに批判の声「イジメみたい」「笑えない」』

2021年3月1日 11:05

『イッテQ』出川哲朗vsスタッフに批判の声「イジメみたい」「笑えない」

出川哲朗

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

2月28日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に、出川哲朗が出演。真冬の北海道でスタッフからひどい仕打ちを受けたとし、視聴者から「イジメみたい」などと批判する声があがっている。

北海道岩見沢市を訪れた出川と箭内夢菜に対し、スタッフはゲームを用意した。屋外でトランポリンを使って跳び上がり、30秒以内に上に吊された札を取れば岩見沢名物のジンギスカンが食べられるというルール。

ダウン姿の2人に対し、番組ADは「水を浴びたときに分かりにくい」とダウンを脱ぐように指示。半袖姿になった箭内は失敗し、スタッフからバケツの水を勢いよく浴びせられた。それでも福島出身の箭内は「寒さには強いもんで」と気丈に振る舞った。

■ 半裸の出川哲朗に冷水浴びせ雪山にたたき込む

続けて出川は半裸にスパッツ姿で挑戦するよう指示を受ける。出川は服すら着させてもらえないことに「腹立つわ」と不満げ。結局出川も失敗し、冷水を浴びて悶絶。スタッフから逃げた出川だったが、ADは容赦なく残りの水をぶちまけた。

出川は「このクソディレクター!」と反撃。取っ組み合ったものの力負けした出川は雪の中にたたき込まれ、再び大声を上げて寒がった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.