くらし情報『『キミセカ』中条あやみの“自己中キャラ”に批判「イライラする」』

2021年3月2日 19:00

『キミセカ』中条あやみの“自己中キャラ”に批判「イライラする」

君と世界が終わる日に

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

2月28日、俳優・竹内涼真主演の連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)の第7話が放送された。視聴者からは、ヒロインに対する批判の声が殺到している。

同作は、生ける屍がさまよう終末世界が舞台。主人公の自動車整備工・間宮響(竹内)は、突然姿を消してしまった恋人・小笠原来美(中条あやみ)と再会するために奮闘する…というストーリーだ。ジャンルとしては、ゾンビアクションドラマとなっている。

これまでの話で来美は、響が死んだことを人づてに聞いただけで絶望。医療従事者として勤務していたがやる気をなくして自殺しようとする。さらに、首藤教授(滝藤賢一)から洗脳されると、響たちのことを〝テロリスト〟として認識。響の仲間であったミンジュン(キム・ジェヒョン)の足をナイフで突き刺し、怪我を負って動きが鈍くなったミンジュンはソンビに噛まれて死んでしまった。

■ 「ドラマ登場人物みんな全く魅力無い」

物語のヒロインであるが、主人公サイドの足を引っ張っているばかりの来美に対して、視聴者からは

《キミセカのヒロインめっちゃイライラする》
《くるみって思い込み激しいし普通にメンヘラだよね》
《ゴミでしかないやん》
《くるみはゾンビよりひどい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.