くらし情報『NHKの“性教育”番組に賛否! 女優とディレクターの会話が「キモすぎる」』

2021年3月5日 17:32

NHKの“性教育”番組に賛否! 女優とディレクターの会話が「キモすぎる」

NHKの“性教育”番組に賛否! 女優とディレクターの会話が「キモすぎる」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

月イチで放送されている『不可避研究中』(NHK)が、2月26日の放送で性教育について特集。NHKらしい真面目さが称賛される一方、性にオープンすぎるとの批判もあがった。

同番組は、環境やお金・選挙といった、人生で避けられない「不可避」なテーマを、番組ディレクター独自の視点で研究していく教養番組。今回は、『今だから教育を考えてみた』と題し、2次元・教育論・性教育がテーマに設定された。

必要不可欠にもかかわらず敬遠されがちな、性教育というジャンルとあって、番組はより身近かつ、分かりやすい知識を広められるよう意識したようだ。VTRには、お色気女優の紗倉まなが登場し、ディレクターとともに、「こんな性教育が学びたかった」「紗倉まなと考える理想の性教育」について考えていく。

「理想の目次」に並んだのは、「避妊にまつわる100の誤解・正解」「生理が来たあとの話」「性にまつわる心理学」といったもの。紗倉は、結果的に妊娠しなかっただけで、知識がないまま〝業界〟に飛び込んだことを「結構怖いなと思う」と振り返るなど、性教育の重要さを力説していった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.