くらし情報『『東大王』伊沢拓司が東大生に“公開説教”「貴重だ」「さすがです」』

2021年3月4日 11:05

『東大王』伊沢拓司が東大生に“公開説教”「貴重だ」「さすがです」

『東大王』伊沢拓司が東大生に“公開説教”「貴重だ」「さすがです」

(C)Maridav / Shutterstock

3月3日放送の『東大王』(TBS系)で東大OBの伊沢拓司が、東大生に苦言を呈して話題になっている。

計33マスの漢字を使って熟語をひねり出し、マスを埋める「熟語陣取り合戦」(全2回戦)を展開。クイズに参加しなかった伊沢は別室で、スタジオに声が漏れないように解説。1回戦目で「思いついたものを言えばいいわけではない」と、東大王チームのマスの取り方に疑問を呈した。1回戦目は芸能人チームが勝利している。

2回戦目で東大生の砂川信哉が「東京歯科大学」と答えた瞬間、伊沢は「一番やっちゃいけないプレー」とバッサリ。芸能人チームの富永美樹が「東京理科大学」と答えてマスを奪い返した。伊沢は「あまりにも先が見えていない」「弱い、弱い」「ツル(鶴崎修功)以外、だめだな」と嘆いた。

■ 東大王チームに「弁護できるところがない」

結局、2回ともに東大王チームが敗北。スタジオと音声をつないだ伊沢は「芸能人チームは素晴らしいプレーでした」と称えた直後に腕を組み、「東大王チームはあんまり弁護できるところがない」とバッサリ。「1回目のゲームで学べたところはたくさんあった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.