くらし情報『こんな日本人いない…『知ってるワイフ』暴力描写の連続に呆れ声続出』

2021年3月7日 10:33

こんな日本人いない…『知ってるワイフ』暴力描写の連続に呆れ声続出

知ってるワイフ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月4日、ドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)第9話が放送された。この回で立て続けに暴力描写があり、視聴者からは呆れ声があがっている。

同作の主演は『関ジャニ∞』の大倉忠義、その妻役として広瀬アリスが出演している。「結婚生活、こんなはずじゃなかった!」と悩める夫・元春(大倉)が、恐妻の澪(広瀬)と結婚する前にタイムスリップし、未来を変えるという物語だ。

未来が変わった先の世界線では、元春はお金持ちお嬢様の沙也佳(瀧本美織)と結婚。しかし、この世界線でも元春は澪と出会ってしまう。澪は元春から不思議な心地よさを感じて惹かれていくのだが、元春が既婚者であることから想いを封じ込め、元春の同僚で親友の津山(松下洸平)と付き合うことになった。

前回の第8話では、元春が沙也佳から離婚を切り出される。するとそれを聞いた澪は、ついに自分の気持ちを抑えきれず、元春にキスをしてしまった。

そして第9話、元春は澪の気持ちに応えることはできないと明かし、親友・津山との友情をとる。しかしひょんなことから津山は、元春と澪がキスしたことを知り、元春を殴りつける。元春は津山に言い訳することもなく、ただただ耐え忍んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.