くらし情報『清原和博“タトゥー除去”も厳しい声「安室ちゃんは黙って消した」』

2021年3月9日 17:30

清原和博“タトゥー除去”も厳しい声「安室ちゃんは黙って消した」

清原和博

(C)まいじつ

2016年に覚せい剤の使用で逮捕された元プロ野球選手・清原和博が、体に入れていたタトゥーを消すことを公表した。更生を伺わせる行動だが、ネット上では、この判断に厳しい意見もあがっている。

3月7日、清原は自身のツイッターを更新。親交の深い野球解説者・佐々木主浩氏との約束として、母の命日である5日にタトゥーを消し始めたと明かす。画像には、手術台の上でピースを決め、右足にテーピングのようなものを巻きつけた清原の姿が。自身への戒めなのか、《全く痛みを感じない寝てる間に終わる施術を提案して頂きましたが、痛みを感じる方を選びました…》と、あえて痛い手術を選んだことも明かしている。

3月5日母の命日に親友佐々木との約束もあり湘南美容クリニックにてタトゥーを消し始めました!ドクター!スタッフの皆様も本当に良くして頂きました!全く痛みを感じない寝てる間に終わる施術を提案して頂きましたが、痛みを感じる方を選びました…
一歩踏み出せた気がします。 pic.twitter.com/ytFHwJtGvn

— 清原和博 (@kiyohara3_5_114) March 7, 2021

https://platform.twitter.com/widgets.js

■ 更生を疑われてもやむない“嘘と裏切り”の前科

罪を犯した過去と、その象徴であるタトゥーと決別し、マトモな人間として前を向くことをにじませたこの行動。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.