くらし情報『宮根誠司の“東京ロックダウン”発言に批判「じゃあ何で東京来てるの?」』

2021年3月9日 11:02

宮根誠司の“東京ロックダウン”発言に批判「じゃあ何で東京来てるの?」

宮根誠司

(C)まいじつ

3月7日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)で、MCの宮根誠司が新型コロナウイルスへの対応について持論を展開。状況を顧みない軽率な発言に、ネット上でブーイングが巻き起こっている。

新型コロナの急速な感染拡大を防止するため、首都圏の1都3県を対象に発令された緊急事態宣言。当初は3月7日までだったものの、感染者のリバウンドなどを危惧し、21日まで再延長された。

同番組では、緊急事態宣言のあり方が問題視されることに。東京における週ごとの感染者数のグラフを示し、議論が行われている最中に、問題の発言が飛び出した。コメンテーターの石戸諭氏が東京都の対策について苦言を呈すと、宮根は「僕はほんとに(感染者数を)減らすんだったら、ロックダウンしないと正直減らないと思う」などと持論をぶつけるのだった。

■ なぜ今の状況でロックダウンを推奨?

周知の通り、長く続く自粛生活や緊急事態宣言の影響で、経済的な苦境に立たされている業種は多い。そんな状況を顧みず、無責任に〝ロックダウンしたほうがいい〟と発言した宮根に対して、多くの視聴者が反感を抱いたようだ。ネット上では、

《宮根が東京はロックダウンせよと言い切った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.